☆ 神様仏様からお力と光を受け取り、パワーストーン・ジュエリーで貴方だけのアイテムをお創りさせて頂きます ☆

☆☆ 黒猫ベムとの不思議な出逢い ☆☆
いつもお読み頂き本当に有難うございます

こちら大阪はお昼は晴れておりましたのに、
段々と雲行きがおかしくなり、すごい豪雨となりました。
前回の台風での被害も全く治まっておりませんし、
更に被害が拡大しないかと、とても心配です。
自然に勝てない事は分かってはおりますが、
防げる事は少なからずありますし、皆様、本当にお気をつけて行動して下さいね。


お話の前にリンク追加です

タクさんが運営されております、
「神社を求めて東西南北」

http://kuma0524.blog71.fc2.com/


まるで、そこを歩いているかの様に、とても細かく美しいお写真を掲載されていて、
静岡県や愛知県などの詳しい神社の解説がされており、
大阪の私には訪れた事のない神社ばかりで、とても新鮮でお勉強になります

素敵なブログですので、皆様、是非、毎日足をお運び下さい


ブログを始めて1ヶ月ちょっとですが、リンクで御縁が出来るのは嬉しいです
神社仏閣、パワーストーンから色々と、皆さんと御縁が出来れば嬉しいので、
これからも宜しくお願い致します



今日のお話は、昨日、チラッ!と登場のうちの黒猫くんのお話になります

この写真では、なんだか、こじんまりとブリッコで写っておりますが、
体重5キロほどで大きく、ノッシノッシ!と黒豹みたいに歩き、
性格は母に甘やかされて育ったので、赤ちゃんのままワガママ放題、
飼い主と正反対で、食べ物の事になると、超凶暴
13年目になる男の子?、名前は『ベムと申します。

「何故、この名前に?

と、毎回、聞かれるのですが

前に飼っていたチンチラペルシャの女の子がおりまして、
この子とはまた違った美形で、オパールの様な美しい瞳で、
母がイタリア語で美しいという意味で、『ベラと名付けてしまい、
今回、男の子だから・・と、急にアニメの妖怪人間の『ベムと繋げたようです

うちのワンマン社長ですので宜しくお願い致します


この子との出逢いも不思議なもので、私が拾った様なものです。

一人っ子で姉妹みたいに、くっついてベラと育った私は、
ベラを亡くして、半年ほど泣いて暮らしていたある日、
買い出しから戻り、マンションのエレベーター待ちをしてましたら、

後ろから視線を感じて振り返ると、
開けっ放しにされていたエレベーターホールの扉の隙間から、
1匹の白い猫が手を出して、私をチョイチョイ招いていました

扉で手を挟んでは大変ですし、何か怪我をしているのかと、
すぐに駆け寄り、

「どうしたの?大丈夫ー?

と、手を触ると、別に異常もなく、

「ニャー!!

と、少し歩いては振り返りの連続で、ついて来いとの事でした。

その時点で、足を少し引き摺っていたので、
ノラちゃんで障害のある子なんだなと、すぐに分かり、後をついて行きました。

マンションの敷地内に、少し段差があり、窪みのある場所まで連れられて、
そこへジャンプして、窪みの中に向かって、

「ニャー!!

と、鳴くと、ヨチヨチと産まれたての子猫3匹が出てきました

1番目に出てきた子猫は、白と茶色の縞々、
2番目は、白い子猫、
3番目は、1番小さくヨチヨチおぼつかない、真っ黒な子猫でした。

普通、親猫ですと、自分の子は守ろうとするので凶暴になるし、
人間の前には出しませんが、そのお母さん猫は子猫の後ろに下がり、
嬉しそうに座っています。

「ナデナデしてもいーい?

と、聞くと、

「ニャー!!

どうぞどうぞ!と子猫を前にグイグイ押し出して触らせてくれました。

子猫はお母さんのミルクで大丈夫でしょうが、
お母さん猫はお腹すいているでしょうし、

「ミルクとか食べ物持ってくるから待っててね

と、すぐに自宅から食べられそうな物を持ってきて、ずっと眺めておりました。

そしたら、マンションの管理人さんが通り掛かり、

「あっ!その猫ちゃん達ね、ノラなんだけどシャムとアメリカンショートヘアのハーフで、
産まれたばかりで、私も面倒見てたの
お母さん猫は、足が悪くて、あまり育てられないだろうし、
子猫を引き取ってくれる人、私も考えていたところで。
もし良かったら、1匹でもJewelちゃんとこ引き取ってくれないかしら。」


という経緯が分かりました。

管理人さんがいなくなってから、

「・・・という事を聞いたけど、貰ってもいいの??寂しくないの?
君も含めて全員は無理だから、
もしOKでも赤ちゃん1匹だけになっちゃうけど・・・


と、話すと、

お母さん猫は、スリスリゴロゴロと寄って来て、

「ニャー!!

と、また、子猫を前に出して、選んでね!とでも言うように見せてくれました。


前の猫を亡くした今、とんでもなく悲しんで過ごしていたので、
母はOKするでしょうし、
でも、また、亡くなる時の悲しさもあるし・・・と、

2日程、食べ物を持っていきながら、相変わらず子猫を、

「どうぞどうぞー

勧められて、触らせて貰って考えていました。

うちの母も私から話を聞いて、
同じように考えていたらしいですが、やはり猫好きなもので、
3日目には、その場所について来て、

「私の母ですー

と、お母さん猫に、うちの母を紹介すると、

「ニャー!!

と、お互い、母同士、ペコリ(←天然の母)と挨拶していたようなのですが、

また、管理人さんが通り掛かり、
白猫と縞々猫は、貰い手がつきそうな事、
ただ、黒猫はなかなかで・・・という事を、
うちの母に、猫の事で再度、説明をしているのを近くで聞いていました。

うちの母が、猫の元に戻ってきて、私が、

「お母さんに、子猫ちゃん、見せて貰ってもいーい?

と、お母さん猫に話すと、

奥の窪みに向かって、

「ニャー!!

と、呼び掛け、ヨチヨチと3匹を前に出し、自分は後ろに下がり見せてくれました。

母は、

「まー可愛らしい!でも1匹が限界ねぇ、黒猫ちゃんかー

と、猫達を見つめていて、

当時、1番小さくて、目もショボショボ泣き顔の子だったので、

「私、ベラもだけど、お目目パッチリ大きい子が好きだなぁー

と、何気なく母が呟くと、

1番後ろで遠慮がちにヨチヨチしていた黒猫ちゃんが、

前にいる兄妹猫を踏み倒して、母のド真ん前にチョコン!!と座り、
これでもかっ!というほど、目を見開いて

「ニャーーー!!

と、泣き叫びました

うちの母は大爆笑して、

「これだけアピールされたら仕方ないわね(笑)
私は黒猫でもオスでもいいけど、Jewelちゃんはいいの?


と、聞かれ、

「うん
他の子は貰い手ありそうだと聞いたし、
どうせ、うちに来る子は面白い子しか来ないだろうし、
この子だろうなと思ってたから。有難う。


という事で、管理人さんにも引き取る事を了承して貰って、

お母さん猫にも、

「全員、引き取れなくてごめんね。
この黒猫ちゃん大事にするから貰ってもいーい?


と、聞くと、

「ニャー!!!!

と、擦り寄ってきて、

”お願いします

とでも言われているような雰囲気で、その日は見送られました。

手の平でも余るようなサイズの子を持って帰り、
すぐにシャンプーして綺麗にしてあげると、
ショボショボのお目目も他の子よりも1番大きく
とんでもなく鼻の高い美形猫ちゃんが現れました


それからも毎日、お母さん猫の事も含めて、
覗きに行っていましたが、
ある日を境にその場所から消えて行ってしまいました。


・・・で、現在、母が甘やかしてしまった為に、
おじいさんの年のくせに、ずっと赤ちゃんのままで
自宅で誰かと食事している時は、

「なんか、ちょーだいちょーだい!!

と、殺気を感じるほど、うるさいので、
人間の赤ちゃんをあやすように横に座らせながら食事しています

でも、この子がいないと乗り越えられなかった悲しみがたくさんありますし、
また、お別れの時は、私がどうなるかは考えたくないですが、
最期まで1番大切な者なので一緒にいて護ってあげたいと思います


うちの子は、首輪などは大嫌いで、
母が冗談でダイヤのネックレスを着けた時は発狂しましたが
犬さん猫さん用のチャームとかも創れますね

皆様とも御縁があり、何かアイテムをお創りさせて頂ければ嬉しいです


最後までお読み頂き有難うございます。
皆様にも更に幸せが舞い降りますように
これからも宜しくお願い致します




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 雑貨ブログ 癒し系雑貨へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

こんばんは~^^

ブログの紹介をしていただきありがとうございます。
正直に言いまして~、めっちゃテレてます。恥ずかし~v-402

黒猫さんについては、ホント不思議な事ですね。
おそらく、お母さん猫も自分では育てられないのが分かっていたのでしょうね。
でも、jewelさんやお母さんに大事に育てられたのですから、きっとお母さん猫も喜んでいるでしょうね。


タク | URL | 2011/09/20/Tue 19:30 [編集]
こんばんは(o'∀'o)
タクさま

いえいえ、こちらこそつたない紹介文で。
少しでも宣伝?になれば嬉しいです。
私が、まだ知らないだけなのですが、
本殿が何造りかなど本当に詳しく解説されてますね、
本当にお勉強になります(o'∀'o)

うちの黒猫は大事に育てすぎたので、
今やあんな事になっております(‐_‐;
なんだかんだと不思議な目にはあって育ってきたのですが、
運命的な出逢いというか猫に手招きされたのは初めてです。

犬さんもとっても可愛いのですが、
飼うとなると猫さんになっちゃいますねぇ、うふふ♪(o'∀'o)

毎日こっそり覗いてぽっちりしておきますねぇ(o'∀'o)
jewel | URL | 2011/09/20/Tue 22:45 [編集]
トラックバック
トラックバック URL

Copyright © ☆ 天然石・ジュエリーのjewel de rose ☆. all rights reserved.